成果・活動

研究成果

本プログラムに関する学会発表・論文・書籍は以下の通りです(随時更新)。

ポスター発表/学会発表

  • 岡琢哉、 石川信一、 渡辺範雄、 笹森洋樹、 桑原千明、 山口穂菜美、 齊藤彩、 近藤和樹、 丸尾和司、 神尾陽子 (2018). 小学校通常級におけるメンタルヘルス予防プログラムの有用性に関する研究 第10回日本不安症学会学術大会、 東京、 2018.3.16.
  • 野中俊介、 岡島純子、 横山典子、 三宅篤子、 荻野和雄、 原口英之、 山口穂奈美、 石飛信、 高橋秀俊、 石川信一、 神尾陽子 (2016). 自閉スペクトラム症を有する児童向けの認知行動療法的不安軽減プログラムの検討. 第8回日本不安症学会学術大会、 千葉、 2016.2.6.
  • 野中俊介、 三宅篤子、 小原由香、 原口英之、 小松佐穂子、 山口穂菜美、 荻野和雄、 岡島純子、 石飛信、 高橋秀俊、 神尾陽子 (2014). 通級指導教室に在籍するASD児の不安症状に対する集団認知行動療法の予備的検討(第一報)(2014). 日本認知・行動療法学会第40回大会、 富山、 2014.11.3.

学術論文

  • 野中俊介、 岡島純子、 三宅篤子、 小原由香、 荻野和雄、 原口英之、 山口穂菜美、 石飛信、 高橋秀俊、 石川信一、 神尾陽子 (2017). 自閉スペクトラム症児童の不安に対する集団認知行動療法プログラムの開発;実施可能性に関する予備的検討 児童青年精神医学とその近接領域、 58、 261-277.
  • 中西陽、 石川信一、 神尾陽子 (2016). 自閉的特性を強く示す中学生に対する通常学級での集団社会的スキル訓練の効果 教育心理学研究、 64、 544-554.

書籍

 

研修会やプログラムの活動歴

本プログラムに関する研修会や講座の活動歴は以下の通りです(随時更新)。

  • 2016年10月 講座の実施
    福知山高等学校附属中学校にて、京都府健康福祉部による「いのちとこころのコミュニケーション事業」に基づいて、講座を実施しました。
  • 2016年12月 講座の実施
    城陽市立久世小学校中学校にて、京都府健康福祉部による「いのちとこころのコミュニケーション事業」に基づいて、講座を実施しました。
  • 2017年10月 講座の実施
    福知山市立大江中学校にて、京都府健康福祉部による「いのちとこころのコミュニケーション事業」に基づいて、講座を実施しました。
  • 2018年2月21日(水)研修会の開催
    精神保健福祉総合センター体育室にて、本研究プロジェクトの概要を周知する目的で、研修会を開催しました。府内国公私立小学校、中学校、義務教育学校、高等学校及び特別支援学校の教職員、スクールカウンセラー、府内の心理士、精神保健福祉士等が参加されました。