問題と目的

社会の問題

現代社会が早急に解決すべき課題として、メンタルヘルスの増進、つまり心の健康づくりがあります。これまでに、成人期(おとな)の心理的問題の半数は児童期(こども)に始まっていることが明らかになっています。さらに、心理的問題が生じると、それによって当人だけでなく周りのサポートも必要となり、3兆900億5000万円の損失になるといった、社会経済的損失をもたらすことも明らかにされています(学校法人慶応義塾、2011)。そのため、“問題が浮かび上がってから”の対応ではなく、“問題が生じる前”の対応、つまり小学校での早期予防的観点が必要不可欠であるといえます。

プログラムの目的

本プロジェクトでは、教師が学級で実行可能な小学生対象のメンタルヘルス予防プログラム(Universal Unified Prevention Program for Diverse Disorders: UP2D2)の実装を通じて、現代社会の抱える問題を切り抜ける適切な知識と技術である心理的レジリエンスを備えた市民の育成を行い、心の危機を自力で乗り越えられると知ってもらうことを目指します。さらに、集団活動を通じて学ぶことにより、困った人が周りにいるときに使える方法も身に着け、精神的な症状や病気に対する偏見を無くすことも目的としています。

プロジェクトのねらい

公的な専門機関からの継続的な技術援助により、小学校の教師が校内の養護教諭やスクールカウンセラーの協力も仰ぎながら、学校教育課程の一環として「メンタルヘルス予防プログラム」を事業として実装することを目標としています。

  1. メンタルヘルス予防プログラムの導入に関する事業の立案
  2. メンタルヘルス予防プログラムが実施できる教諭の育成
  3. メンタルヘルス予防プログラムの効果についての検証
  4. 関連諸機関の連携ネットワークの構築と長期的追跡調査
  5. 他の自治体への拡張